« I love Paul! | トップページ | 秋の夜長に聴きたい一枚。 »

TZ-Artisticを初めて使ってみた。

11/16(水)晴れ

以前、IMPOSSIBLE TOKYOで1本だけ買った、TZ-Artisiticの期限切れフィルムをSX-70 Sonar OneStepで試してみた。8枚入りで、白い内箱の使用期限には2009年9月までとある。ところが外側の青い箱には、2010年12月まで楽しめるとある。今は2011年11月だが果たして使えるのか?

16112011_18_17_52

IMPOSSIBLEが研究開発用に買っていた、デッドストック品というところだろう。僕はこのフィルムを使うの初めてで、SX-70ユーザーのブログを見るかぎり、純正SX-70フィルムに似たブルーが強めの発色をするようだ。ちなみに、今はIMPOSSIBLEに在庫がないはず。Amazonで3980円もするのがまだ数本売ってるが、1本でこの値段なのか?


Signal

午後3時過ぎ。気温は16〜17°ぐらい。期待通りの写り具合だ。SX-70フィルムや600フィルムは使用期限が切れるとフィルムの現像液を閉じている接着剤が弱くなって液漏れしてしまうのだが、このフィルムに関しては今のところ大丈夫そう。


Sumidawater

隅田川の水面の描写もいい感じだ。実際は水面を赤い落ち葉がたくさん漂っていたのだが、写らないのは仕方ないと思える範疇。撮影時に日除けを付けなくていいのはやっぱり楽。


Aioibashi2

これはTZの前にカメラに入っていた、おそらくIMPOSSIBLE PX 70 Push!で撮った写真。TZとは比較にならない描写力、ボヤーンとしてる。この写らなさ具合に最初はガッカリしていたものだが、淡い色味と撮影後の色調変化はこのフィルム独自の良さでもある。


16112011_16_45_43_2

TZ-Artisticはあと残り5枚、大事に使おう。もうちょっと買っておけば良かったな。大きな写真はTumblrに後で載せておく。ポラロイド社はインスタントデジタルカメラなんて出してる暇あったら早くSX-70と600フィルムを復刻すればいいのに。この話はどうなったんだよ。

|

« I love Paul! | トップページ | 秋の夜長に聴きたい一枚。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/443164/43034290

この記事へのトラックバック一覧です: TZ-Artisticを初めて使ってみた。:

« I love Paul! | トップページ | 秋の夜長に聴きたい一枚。 »