« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

「サウダーヂ」と「国道20号線」を見逃すな。

2012/1/26(木)晴れ

02_2

富田克也監督「サウダーヂ」のことを知ったのは、確か菊地成孔のラジオ「粋な夜電波」だったと思う。山梨が舞台で、ブラジルやタイから来た移民と地元の日本人の土方、それにヒップホップが絡む話だという。どんな映画なのかさっぱり想像がつかなかったが、とにかく観てみることに。

何というかこれが、、、ただもう傑作としか言いようがない。どうしようもない地方都市の行き詰まりを描いている話なのに、とんでもないものを観てしまった高揚感がじわじわと湧いてくる。今の地方の現実、日本の現実を描きつつ、フィクションとしても最高に面白い話として成立している。社会派のドキュメンタリーでもなければ、娯楽映画でもない。笑うこともできるし、考えることもできる。観る人の受け取り方によっていろんな見方ができる、懐の深い映画だ。

「サウダーヂ」を観た後、前作の「国道20号線」も観に行った。「サウダーヂ」にも出ている伊藤仁が出てきた瞬間に、「あ、またアイツだ!」と笑いが込み上げてくる。パチンコと消費者金融のATMが立ち並ぶ国道の風景は、東京から30分も走ればどこにでもある光景だ。そこで展開されるのはろくに働きもせず、シンナーを吸ってブラブラするヤンキーカップルの日常。そんな話のどこが面白いのかと普通は思うのだが、サウダーヂほどの緊迫感はまだなく、ゆっくりと地盤沈下していくぬるま湯のダルさが心地良い。自分もだんだんこの街の住民のような気さえしてくる。

03_2

そして昨日、「サウダーヂ」をもう一度観てきた。初回に比べると、すべてのカットがクリアで無駄がなくシャープに感じる。このシーンもヤバい、あのシーンももうすぐ来るぞ、、と余裕をもって楽しめた。ラッパーの田我流がアーケイドを歩くシーンで、既に宮台真司のポスターが貼ってあったことに初めて気づいたり。日本人の暗さに対する、ブラジル人の明るさも際立つ。今の100倍稼げるよと言われてブラジルから日本へやってきたのに、土方の仕事もなくなって祖国へ戻るブラジル人たち。タイにいる家族を養うために、日本を出られないタイの女の子。いつの間にか街から姿を消していく日本人の若者たち。夜の街はゴーストタウン化している。

この20年間経済成長が止まり、政治がまともに機能せず、膨大な借金を背負った国の現状、そこで生きる自分たちの現状がどんなものなのか、見て見ぬふりをしてきた自分に気づく。このどうしようもない現実からはじめるしかないということをまず認めなければ、文化も歴史もへったくれもない。今のこの国の最大の娯楽は、パチンコなのだから……。ほぼ日の糸井さんと佐々木俊尚さんの対談にもあったように、「当事者意識」をもったつくり手の嘘偽りのない表現だけが、僕らに真実を見せてくれるのだろう。

東京での公開は明日1/27まで、今後は全国を回っていく。今のところDVD化される予定はないようなので、まだ観ていない人はぜひ観て欲しい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川島雄三監督「女は二度生まれる」

2012/1/5(木)晴れ

年末に映画館で観た「洲崎パラダイス赤信号」の余韻もまだ残る中。中原昌也氏が川島監督の「幕末太陽傳」を観に行ったが、「女は二度生まれる」のほうが好きだ、とツイートしていたので近所のツタヤで借りてみた。まずタイトルがいいよな。

今やソフトバンクのCMでお馴染みの、若尾文子主演。神楽坂の芸者だが特に芸もなく、客と寝るだけが取り柄の女を演じるが、どうも若尾文子がそういう女に見えない。気品がありすぎるというか、落ち着きすぎというか、、、。ちらっと出てくる江波杏子のほうがセクシーでいい。

映画館でチケットが余ってしまったから買ってくれないかと17歳の少年に主人公が頼まれるシーンがあるが、彼は月島で工員をしているんだと話す。なぜかこの少年に筆おろししたり、出会う男たちをすぐ好きになる主人公が自由でいい。

現実社会だとこの淫売が!と言われるような女を客観的に見ると、つまりスクリーンだと天使に見えるでしょ、ってことを監督は描こうとしたのかな? このテーマ、とても現代的だと思う。

垢抜けない寿司屋の板前、フランキー堺もいい雰囲気出してる。主人公が好きだったのは、彼だったんじゃないか? そして唐突に終わるラスト。モダンすぎるw

細かいストーリーがどうこうというより、なんかこう風通しがいい映画だった。川島監督、すっかりファンになった。「幕末太陽傳」、有楽町は明日、新宿は1/8まで。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「坂の上の坂」

2012/1/3(火)晴れ

社会に出てから、もうすぐ20年が経つ。
いつの間にか20年も経っていたのが驚きでもあるし、
この年になって資産も家族もないことに呆れてもいる。
大きな病気もなく、割と健康なことだけが取り柄かな。

バブルが弾けた1992年に就職し、
ほとんど経済成長しない時代に仕事をしてきたことになる。
それでも多くの人は、世界的には十分恵まれた生活を送ってきた。
その裏では国の借金がとんでもないことになっていたわけだが。

自分の次の20年、日本のこれからの20年について考えてみても、
どう生きていくのが正解なのかはさっぱり分からない。
確かなのは、ますますお金を稼ぐのが難しくなる時代に、
もっとお金を稼がなければいけないということ。
何となく自分は長生きしそうだし。

年末に読んだ、藤原和博さんの「坂の上の坂」の序章に、
「人生のエネルギーカーブに気をつけよ」という言葉が出てきたのだが、
僕が最近考えていたのがまさにこのことだった。
自分の人生のピーク、山はどこにあるのか?

藤原さんのメッセージはこうだ。
一度山を登ったら後は降りるだけの人生か、
もう一度新たな山を目指して登ることができるか。
一般的には人生は一度登ったら降りるだけのイメージだが、
「坂の上の坂」を登る体力があれば、新たな人生が開ける可能性がある。
今の自分は年齢的に、その瀬戸際にいる気がした。

これからの20年のために、5カ年計画でも立ててみようかな。
まずは実現したいことを書きだしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな一年にしたい。

2012/1/1(日)くもり

2012年、元旦。
あけましておめでとうございます。
今年も楽しい一年を!

と幸先の良いスタートを切るはずが、
母とららぽーと豊洲のスターバックスにいるときに、
グラッと揺れてヒヤッとした。
おめでたい気分が萎んでしまった。

「震度4だってー」
子どもの声がお店に響く。
今年もこの地震と付き合っていかなきゃいけないんだね。

それはそうとして、
今年をどんな年にしたいか考えてみた。
単純だが、少しでも毎日ワクワクしたいなと。

大人になるとみんな忙しくなるので、
自分で自分をワクワクさせなければ、ワクワクする毎日はやってこない。

いろんな経験を積むほど、ワクワクのハードルは高くなるから、
常にワクワクしている人というのは
自分を驚かせる工夫ができる人なんだね。
大概の人は年をとると愚痴ばかり言うようになるから、
そんな人のほうが少ないのは当然かも。

自分の周りを見渡してみると、いつも楽しそうだなと思う人は、
何かしら自分で企画しているか、人の企画によく巻き込まれてる。
「企画」という言葉もあまり良くないかな、企みというか思いつきというか。
小さな芽を育てる力というか。

なるべくお金をかけず、気軽にできるワクワクを中心に、
時には時間とお金をかけて計画するワクワクもプラスする、
のがちょうどいい気がする。
時には自分だけでなく、周りの人も巻き込んで
みんなでワクワクするのもいい。

「今日から一年頑張ろう」じゃなく、
気づいたら一年経ってた、という年にしたいね。

昨年末にsakanaをleteで観て、
"Blind Moon"は時を超えた名作だと再確認したな。
1/12には曼荼羅2で、勝井祐二や中村達也とのライブもあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »