« 水泳が楽しくてたまらない。 | トップページ

第8回乗鞍天空マラソンに参加してきた。

623日(日)、第8回乗鞍天空マラソンに参加してきた。長野に住む友人に誘われて参加したのだが、彼は指を怪我してしまって参加できなくなり、急遽一人での参加に。僕にとっては初のマラソン。その記念に、当日の様子を振り返ってみたい。

距離は30km。フルマラソンよりは短いが、標高1500mをスタートして2700mまで18kmを登り続け、1800m地点まで下るというハードなコース。かなりの積雪が残る乗鞍岳を見てみたかったのと、長野に住む友人宅に行ってみたかったので、気軽な気持ちでエントリーした。ちなみに、当日まで特に坂道に特化した練習はしていない。

6月22日(土)の朝に新宿駅を出て、13時過ぎに友人の住む安曇野へ到着。そこから1時間半クルマを走らせ、乗鞍高原で選手受付を。受付にゼッケン番号が書かれた紙が必要なのをすっかり忘れていて冷や汗をかいたが、電話で名前を伝えたら調べてくれて助かった。これがもし参加できなかったら、安曇野トレイルランニングに変更するところだった。それはそれで楽しそうだけれどね。

N0

わさび畑で有名な大王わさび農場にて。ワラーチ神社と勝手に命名。写真は残念ながら参加できなかった友人。指以外は元気なのに。

N015

土曜日の夜に、友人(の奥様)がつくってくれた激ウマの「ミネソタ風ウインターチリ」。スコット・ジュレクの「EAT & RUN」に出てきたレシピだ。いっぱい食べても胃がもたれない。

いよいよ大会当日。朝7時に現地に到着すると、既に色とりどりのランナーが集まっている。申し分のない最高の天気だ。気温もちょうどいい。この時点になっても、まだこれから走るんだという現実感が湧かない。今まで参加したことがなかったからだ。でも次第に笑顔のランナーたちの興奮が伝わってきて、これって要はランナーのお祭りなんだなとようやく実感した。FacebookやTwitter、インスタグラムに、友人たちが応援のコメントをつけてくれた。

開会式が終わり、8時ちょうどにレース開始。東京マラソンなどではスタート地点を抜けるだけで何分もかかると聞いたが、この大会は参加者2000名ちょっと。朝の通勤ラッシュとさほど変わらない。友人はゴール地点で待っていてくれるという。どのくらいのタイムで戻って来れるのか検討もつかなかったが、何となく完走だけはできるような気がした。

N1

22

N3

登り始めて5kmくらい経ったところで、水を持ってこなかったのを後悔した。水分補給できる三本滝の第2エイドは、7km地点。普段の練習でも最初の4~5kmがいつもキツいのだが、登りだと喉が渇くのも早い。ようやく着いたエイドでは、間違ってスポーツドリンクをもらってしまう。口の中が甘くなるので嫌いなのだ。

ここから18km地点までは、さらに上り坂が厳しくなっていく。何km地点からか忘れてしまったが、もう歩かないと進めないほどキツかった。こんなところまでマラソンに来て歩くなんてと最初は悔しかったが、周りも歩いていると罪悪感はすぐに減るものだ。NIKE+を見てみると、7km地点まではキロ6分台で走っていた。8kmから11kmまでは7分台。それ以降はどんどん遅くなっていく。

おそらく15~6km地点あたりをだらだら登っていた頃、反対側からトップのランナーが颯爽と駆け下りてきた。カッコ良過ぎる。結局彼は、2時間をギリギリ切るタイムでゴールしたという。普段どんなトレーニングしてるんだろ。年齢は20代前半かな。

N4

N5N6

ようやく18kmの折り返し地点に到着。おにぎりやふきの煮物など、手作りの食べ物がありがたい。目の前の急な斜面では、スキーをしている人たちもいた。標高2700m地点の気温はそれなりに低いが、半袖短パンで走って(歩いて)きた後では、上着を着るほどでもない。お腹を満たしたら、また走るパワーが湧いてきた。

20km~22kmまでは、キロ4分台でかっ飛ばす。坂道だから、単にスピードが出てしまっただけなのだが。しかしこれがすぐにたたって、左の膝が痛くなってしまった(アホw)。さっき抜きまくったランナーに、後から抜かれまくる。写真を撮る余裕もなく、膝の痛みで歩いたり走ったりを繰り返す。

N7

そしてあと1~2kmというところで、友人が応援してくれていた。もう体力はほとんど残っていなかったが、友人とコスプレ応援隊のおかげか、ラスト1kmは5'47"で頑張った。ゼッケンには小型GPS機器がついているので、ゴールと同時に完走証をもらえる。これ、かなり嬉しい。記録は3時間57分20秒。NIKE+との誤差は1分程度だった。順位は878位。

N8

完走後は、大腿四頭筋とふくらはぎがパンパン(特にふくらはぎの筋肉痛は、その後1週間近く続いた)。ルナサンダルでこんな長い距離を走ったのは初めてかもしれない。初めてサンダルで走るのを見た人もいたのか、「サンダル!」「ワラーチ!」と何度か声をかけられた。僕の他は、ビブラムファイヴフィンガーズすらいなかった。トレイルでもそうだったけど、サンダルは下り坂がキツい。過剰にブレーキをかけながら走っている気がして。それでも、これに勝る開放感を与えてくれるシューズは他にないだろう。

他のマラソン大会に参加したことがないので比較はできないが、ハイタッチしてくれる応援隊がたくさんいたり、参加しているランナーたちのマナーも良かったし、風景は最高だし、毎年参加するランナーがいるのも納得。楽しく参加できればタイムはどうでも良かったのだが、下りで抜かれまくったのはかなり悔しかった。やはりレースに出ると、誰でも自然に競争心が湧いてくるものらしい。さっきまで苦しくて仕方なかったのに、いざ終わってしまうと寂しかった。

実行委員会の皆さん、素晴らしい大会をどうもありがとう! 次回は元気になった友人と、今度こそ一緒に走りたい。

450px

フォトクリエイトのカメラマンが撮ってくれた写真を1枚購入。これ、記念に嬉しい。タオルがダサいww

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

|

« 水泳が楽しくてたまらない。 | トップページ

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/443164/52281095

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回乗鞍天空マラソンに参加してきた。:

« 水泳が楽しくてたまらない。 | トップページ