旅行・地域

Coyote×無印良品キャンプ場 大人の『THE PREMIUM CAMP』VOL.1

今、書いていた原稿が全て消えてしまった、、、 ショックだけどもう一度頑張って書いてみるか。 行ってきました、Coyote×無印良品キャンプ場 大人の『THE PREMIUM CAMP』VOL.1へ。 場所は新潟の、無印良品津南キャンプ場。

大きな地図で見る

 

東京から約4時間半。8時前に出て、12時半到着。

関越が渋滞してなきゃ、もう少し早かったかな。

ちょっと甘く見てたけど、Coyoteのスタッフはうちらより遅かった。 センターハウスの近くはこんな感じ。

国道からキャンプ場までの道が狭くてビックリ。

MUJI Tsunan Campsite

MUJI Tsunan Campsite

 

テントはマウンテンハードウェアのものを借りる。 いろいろ種類があったけど、狭いのがよかったので。
設営はやったことないので、無印のスタッフに手伝ってもらった。

MUJI Tsunan Campsite

少し休んでから、山伏山にトレッキングへ。 かなりのハイペースで登ったので、結構疲れる。
曇りだったけど、山頂からの景色はサイコー! このへんの土地の起伏の面白さを実感。

A View from Mt. Yamahuse

A View from Mt. Yamahuse

山から下りてくるときに、風穴という場所を訪れる。

真夏でも石の間からひんやりした風流れるという不思議スポット。

確かに冷たい風が流れてた。

Kazaana@Mt. Yamahuse

北側の斜面はこんな感じ。ブナの木が多い。 こっち側は虫もいなくて涼しかった。

Mt. Yamahuse

夕食は待ちに待ったイタリアンのフルコース! 食べるのに夢中で写真は一枚もない!

津南産のポークがとにかく旨かった! この時点で既に酔ってしまう。

MUJI Tsunan Campsite

そしてこの後は星空を眺めながら、焚き火のそばでバータイム。 集まった人たちといろいろ話して交流を深める。

滅茶苦茶寒いので、今年初のダウン着用! しかしあっという間に酔っぱらってしまい、11時頃テントに戻って爆睡。


僕はテントで寝るのが初めてだったのだけど、楽しかった! 幼かった頃の自分に戻るね、これは。

夜中に寒くて起きたり、背中が痛くなったりしたけど、テント最高。 そして翌朝、こんな感じで快晴。

MUJI Tsunan Campsite

 

二日目は薬師湖でカナディアンカヌー。 2人1組で乗るんだけど、なかなかまっすぐ進まない!

というかうちらだけ全然上手くならない。 すっかり疲れ果てながらも、素晴らしい景色に癒される。

MUJI Tsunan Campsite

MUJI Tsunan Campsite

その後は、湖畔をグルっと一回り。 紅葉がとにかく凄い。 この時期にあまり遠くに出かけなかった僕にとっては、 数年分の紅葉を一度に楽しめた感じだった。

MUJI Tsunan Campsite

MUJI Tsunan Campsite

雪の重みでしなってしまった木も多い。 このへんは豪雪地帯らしく、こんな木が多かった。 木も大変なんだなー。

お昼はおたべのような団子のようなものづくり。 蕎麦打ちの予定だったのだけど、地元で蕎麦祭りがあるので急遽変更に。 このあたりでは、昔から余ったお米でお団子をつくり、 中にあんこや切り干し大根、豚味噌を入れて食べるのだそう。 僕はあんこが一番旨かったな、あとけんちん汁ね。

MUJI Tsunan Campsite

無印良品津南キャンプ場は、今週土曜日31日で今年は終了。 クローズイベントがあるようなので、行ける方は遊びに行ってみては。 来年はGWにオープン予定だとか。

ということで、2日間でいろいろ楽しませてもらったこのイベント、行ってよかった! Coyote編集部と無印良品スタッフのみなさん、ありがとう!

来年2月売りのCoyoteにこのイベントレポートが載るそうで、楽しみ。

MUJI Tsunan Campsite

| | コメント (4) | トラックバック (0)

世田谷線のはじからはじまで

彼女が一人暮らしを検討しているので、三茶で不動産屋をブラブラ。
アパマンショップのサイトで職場から30分以内の条件で検索すると、
下高井戸の物件がいくつか出てきたので、
世田谷線でどんな街なのか行ってみることに。

Simotakaido Ekimae Market

甲州街道から奥に入っているので静かで、
小さな商店街が東西に広がり、庶民的で住みやすそうな街。
スーパーも二つあるし、ツタヤもある。
桜新町よりも全然賑やかで、ちょっと羨ましい。

明大前に出れば、渋谷や新宿も近い。
家賃も比較的安くて、僕の方が気に入ってしまった。
東京はもう飽きたとかいいながら、
まだまだ自分の知らないいい街があるのかも。

また三茶を歩いていると、香蔵珈琲というコーヒー豆のお店を発見。
こういうお店は散歩じゃないと見つけられない。
かなりの種類の豆が並んでいて、店内は珈琲のいい香りに包まれている。
帰宅して早速淹れてみると、なかなかおいしい!
今まではモンカフェで済ましていたが、これからは豆買ってみようかな。

Kagura Coffee@Sangenjaya

夜はM川さんオススメの、ウディ・アレンの「タロットカード殺人事件」を鑑賞。
「マッチポイント」とはうって変わって、ユーモラスで楽しい映画。
監督本人が出ているので、なんだか安心します。
相変わらず喋りまくりでうるさいけど……

「マッチポイント」はスタイリッシュでクールな感じだったけど、
僕は「タロットカード」の方が好きかも。
上流階級のパーティに呼ばれたときのアレンの自虐的なギャグ、
どこに行っても手品をしてしまうシーンは爆笑。

ヨハンソンが恋する上流階級の男性が滅茶かっこいい!
前作もそうでしたが、彼の洋服や部屋のインテリアがクール!
見てるとロンドンに行ってみたくなります。

そしてヨハンソンは、、、僕は前作の方が良かったかな。
バスローブ着て彼の部屋を物色しているシーンなんかは良かったけど。
監督は最新作でもまたヨハンソンを起用してるみたいですね。(しかもペネロペと共演)
どんだけ好きなんだって話です。

Wikipediaを見てみると、
アレン監督はなんとマジシャンを昔目指していて、元コメディアンだったそう。
今回の作品にも、自分自身の投影がかなり色濃く出ていたんですね。
70歳過ぎてあれだけ若々しい映画を撮れるなんて、やっぱりこの人は凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しみじみと

OkuNikko

数日経って、しみじみと奥日光は良かったなあと思う。
雪に包まれた人気のない寒々しい景色に、いい波動をもらった。

新緑の春や紅葉の秋もきっと素晴らしいだろうが、
あらゆる生き物が寒さに耐えながら春の訪れを待っている、
一年の始まりに行くことができてよかった気がする。
今年一年、いい年になりそうな気がしてきた。

ずっと自然の中で過ごす時間を体が求めていたのだろう。
奥日光の景色を思い出すだけで、しばらくいい気分でいられそうだ。

情報のノイズに左右されず、この川のように流れていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Oafu, Hawaii

Kailua Beach

先週の金曜日から3泊5日でオアフ島に行ってきた。
南の島自体行くのが初めてだったので、どんなとこなんだろうと思っていたが、
意外に思っていた通りの場所(=アメリカ)だった。

ホテルの隣にあったクラブから流れるダンスミュージックの低音と、
V8のドロドロしたエンジン音が今も耳に残っている。
波の音よりも……。

気に入ったのが、ホノルル空港。
ウッディなインテリアで、古いんだけど開放感があって落ち着く空間で。
帰りに空港で待ち時間に生のハワイアンバンドを聞きながら、
ベンチでうとうとしていたのが幸せだった……。

海外での運転も初経験。
最初は対向車線にはみ出したりしてたけど(笑)、
最後の日にはもっと運転したいなあと思った。
借りたのは、ニュービートルとPTクルーザー。
どっちも乗り心地はイマイチだったなあ。

夜は意外と涼しくて、ハワイももう秋なんだなと思い、
もう少し前に来るべきだったような気もした。
撮った写真を見るとほとんどが午後なので、日差しが余計に秋っぽく見える。

波はどこに行ってもそこそこのサイズで、ノース・ショアも静か。
やっぱりチューブ見学するなら冬なんだろう。
波乗りは結局2時間ちょっとしかできず。
(しかもほとんど波に乗れず、、、)

次回は目的を波乗りに絞って、のんびりしたい。

HNL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首都高

首都高に関する、非常に共感できる読み物
東京で一番最高なのは、首都高だ。
東京は住むところであり、同時に通過するところでもある。
自分が住んでいる地域以外の東京は、ほとんどが未知の土地だ。
そして、東京に特に行きたい場所もない。

東京にアウトバーンを。
首都高をアウトバーンに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cool down!

Sany0044

It's a hot cloudy day today, in Tokyo.
I need cool breeze, so came to a mountain here.
No, here is in Tokyo, Setagaya!

Do you know "Todoroki Fudouson"?
Todoroki Keikoku is under where Kanpachi Street passes,
very quiet and cool place.

I believe city needs more trees and rivers.
People can feel pleasant because of them.
The sound of water flowing gives me peace of mind.

Sany0055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ明日

LAに向かいます。
海外なんて何年ぶりだろ?

サンディエゴの波、友達との出会いを楽しみに。
何が待っているのかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)